するっ茶を授乳中に飲むのはアウト?

はい、そうですね。

するっ茶を授乳中に飲むのはアウトですね、基本的には。

実際に起きてしまった例で、授乳中の人が「するっ茶」を飲んで乳児が下痢をしてしまったそうです。

授乳中に口から入れたものというのは、母乳を通して赤ちゃんも飲んでしまいますからお母さんとしては、本当に注意が必要ですね。

 

その原因は、カフェインですね。

するっ茶の成分に含まれている黒烏龍茶や緑茶の中に入っていますよね。

まあ、全く飲んではいけないというものではありませんが、過剰摂取は良くありません。

ただ、一日のカフェインの摂取量を守れば大丈夫です。

一般的に言って、一日のカフェイン摂取量が100mgを超えると、赤ちゃんに害が出てしまうリスク率が上がってしまうと思われます。

黒烏龍茶や緑茶には、100ml辺り20mlのカフェインが含まれています。

標準的なティーカップに飲み水を入れても、150ml~180mlとなります。

つまり、1杯だけ飲んだとしても、摂取カフェインは100mgを超えませんね。

なので、するっ茶は、もし飲んでも一日1杯に抑えておきましょう。

 

ですが、飲む場合は必ず、かかりつけのお医者さんに相談をしてからにしましょうね。

妊婦さんのように体の中に赤ちゃんがいなくても、まだ自分の体の中のおっぱいを飲んでいるのですからね。

赤ちゃんにとって、一番のそして唯一の栄養の源となるものは母乳ですからね。

一般的にダイエットティーは授乳中に飲むべきじゃない?

一般的に言って、ダイエットティーというのは、授乳中に飲むべきではないと言われています。

まあ女性というものは、妊娠出産そして産後も大体の方が体重増加してしまう傾向がありますよね。

なので、体型を妊娠前に戻したいと思うのは当然でしょう。

実は、授乳中でも飲めるダイエットティーはあります。

ただ気をつけていただきたいのが、ダイエットティーに含まれている成分ですね。

中でもセンナという成分が含まれている場合は、赤ちゃんが下痢をしてしまう可能性や腹痛や、脱水症状を起こす作用があります。

これは結構重い症状ですね。

赤ちゃんに届いてしまわないように注意が必要です。

では、授乳中でも飲めるダイエットティーを紹介します。

 

ルイボスティー・・・これはノンカフェインのお茶です。

成分は、鉄・カルシウム・ポリフェノール・・・赤ちゃんも飲用可能なので安心ですね。

効果は、便秘解消・脂肪分解・・美肌効果・アンチエイジングなどがあります。

 

たんぽぽ茶・・・こちらもノンカフェインのお茶です。

成分は、鉄・カリウム・イヌリン・タラキサン・・・母乳の分泌促進効果があります。

効果は、むくみ解消・利尿作用・便秘解消・新陳代謝促進などがあります。

 

プーアル茶・・・こちらは緑茶と大体同じくらいのカフェインの量なので、1日の適量は、

3~4杯くらいですね。

成分は、重合カテキン・ビタミンです。

効果としては、便秘解消・脂質、糖質の吸収率を下げる・美肌効果・口臭予防・風邪予防。

まとめ-授乳中のするっ茶について

こうしてみてみると、授乳中にするっ茶を飲むとしたら、やはり気をつけたいのが

カフェインですね。

勿論、一番良いのは、カフェインレスのお茶です。

だから、カフェインが含まれているするっ茶は・・・あまり良くはないですが

上で述べたように飲む適量を守れば、飲むことはできるわけです。

なので、その他のダイエットティーを飲みたい場合も必ず、このカフェインの量をチェックするように心がけることがとても大事なことだと思います。

特に授乳中にお母さんが口に入れるものは、上でも述べた通り、赤ちゃんの体の中にも吸収されてしまうのですから。