するっ茶は妊婦が飲んでも大丈夫??

前に書いた授乳中とかぶりますが、するっ茶は妊娠中も飲むのはNGです。

それはするっ茶に配合されている成分によるものです。

代表的なものを幾つか紹介すると・・・

 

するっ茶の成分の黒烏龍茶と緑茶にはカフェインが含まれていますよね。

これを妊婦さんが摂取してしまうと、ママの胎盤を通して赤ちゃんへ届いてしまいます。

赤ちゃんが、カフェインを吸収してしまいます。

赤ちゃんには、カフェインを排出する力があまりありませんから注意が必要です。

 

あとは、キャンドルブッシュです。

この中に含まれている、アントラキン・クリソフェノールには、下剤成分が含まれていて、国民生活センターでも、妊娠中や授乳中は使用を控えるように呼びかけています。

 

これらのことを妊娠中は、気をつけていないと、結果として、死産や流産になる可能性がとても高くなってしまいます。

 

授乳中と同じく、1日のカフェインの摂取量が100mgを超えてしまうと、死産や流産になってしまうリスクがますます高くなってしまいますので、注意が必要です。

ただ、1日1杯だけであれば、摂取カフェインが100mgを超えることはないそうです。

なので、どうしてもするっ茶を飲みたい時は、1日1杯をティーカップに入れて飲むように心がけましょうね。

そもそも妊婦がダイエットはダメ??

妊婦がダイエットというのは大丈夫なんでしょうかね?

妊娠中・・・妊娠初期は、悪阻で吐き気が起き、体重が減少してしまうことがあります。

それとは反対に、食べ悪阻が起きた場合は、体重増加してしまうことがあります。

そして、妊娠中期になると、吐き悪阻だった妊婦さんも悪阻が落ち着き、それと同時に食欲が増し、体重が増加していきます。

 

この妊娠中の体重増加というのは、「妊娠糖尿病」や「妊娠高血圧症候群」などの症状が出てしまう可能性があります。

お腹の中の赤ちゃんの発育の障害や早産・死産・奇形などの危険(リスク)を伴ってしまう可能性がありますから、体重増加が激しい場合は、ダイエットが必要です。

 

妊婦のダイエット方法を幾つかご紹介したいと思います。

 

1 和食中心にする・・・根菜たっぷりの味噌汁を飲むと、腹持ちが良くて体が温まり、それに、食物繊維もたっぷり含まれています。

こういったバランスの良い食事をすることで、胎児の発育にもとても良い影響をもたらすでしょう。

あとは、お通じもよくなります。

 

2 ヘルシーおやつダイエット・・・例)アーモンド、寒天で作ったゼリー。

これらを1日3回の食事で、5回に分けて摂取すると消化にも良いでしょう。

 

3 しらたきご飯・・・乾煎りしたしらたきを米粒サイズに刻んで、白米に混ぜて炊いたご飯もヘルシーなダイエット食品なので、お勧めです。

 

4 揚げ物制限ダイエット・・・揚げ物を週一回にすることです。

完全に揚げ物を食べるのをやめてしまうのは、産後の乳児の肌に悪影響だと言われているそうです。

 

5 ウォーキング・・・妊婦さんなので、無理しない程度にすることです。

朝夕にウォーキングをしたり、家の中でもそのまま足踏みするだけの軽い運動も

お勧めです。

 

6 マタニティヨガ・・・妊婦さんの間でも大人気のヨガです。

妊婦さんに合わせた無理のない程度に運動ができ、ストレッチ効果や呼吸法を学び、

リラックスができるのが利点です。

ただ、やる前にかかりつけのお医者さんに許可をもらってください。

 

以上が、妊婦さんのダイエットの方法です。

たくさんありますよね。

もし、ダイエットが必要な場合でも妊婦さんなので、無理しない程度に行ってくださいね。

まとめ するっ茶と妊婦について

妊娠中は、デリケートな時期なので、するっ茶のようなダイエットティーの飲用は

基本的にはよくないけれど、摂取量を守れば大丈夫のようです。

 

上でも述べたように、1日1杯をティーカップで飲むだけにしてくださいね。